債務者も無視できないキャッシングの規制

貸金業法とは

2010年に貸金業法が完全施行されました。貸金業法とは、貸金業者に定めた融資のルールです。要するに、貸金業者と消費者がクリーンで安全な取引が出来るように設けた制度ということですね。貸金業法の内容は、「元金に対する金利の上限」「配偶者の同意」「収入証明の提出」「借入総額の制限」などの規制が設けられました。

 

これによって消費者も今まで以上に安全に借入が利用できるようになったのですが、ただ、いいことばかりではないかもしれません。というのも借入できる金額に制限が出来てしまいました。この制限を総量規制といいます。これは、利用している全てのキャッシングの総額を合わせて、「年収の3分の1を超える借入は禁止する」としたものです。

 

つまり、年収が300万円の人なら総額100万円まで、年収が500万円の人なら総額約160万円までしか借入することはできません。ちなみに、これは貸金業者への規定ですので、銀行などの金融機関からの融資は対象外です。そのため住宅ローンやカーローンなどへの影響は出ません。では、総量規制の目的とは何かですが、それは多重債務者を生まないためです。

 

実際、施行されて以降は多重債務者の数は減少傾向にあり、確実に成果は見えてきています。その反面では、ヤミ金業者に流れる人が増えるのではないかと懸念されましたが、今のところは特に問題はないようですね。借入制限ができてしまったのは債務者にとって痛手かもしれませんが、借金地獄から身を守る制度です。真摯に受け止め、今まで以上に計画性を持って利用していきましょう。

 

消費者金融 協会

消費者金融で借り入れ後の分割返済

消費者金融で融資を受けたら返済方法は一括か分割返済があります。契約を結ぶ時に返済方法を決めることになります。振り込みか、窓口に持っていくか、書留か、自動契約機での返済方法です。これに、利用した日にち分の利息が加算されますので毎月、分割返済でかえされる方はこれを含めた額を返していくことになりますので、毎月、忘れないようにしなければなりません。

 

毎月の返済日を把握し、その前日までには現金を準備しておくことです。そうしなければ、うっかり忘れてしまったり振り込み時間に間に合わなかったりすると信用を失うことにつながります。新たな借り入れが出来なくなったり、会社によっては一括返済を求められることもあります。他のカードやローンも組めなくなることもあるようです

 

借りたお金は、申し込みのときの契約に間違いがない限り返済は重要な要素です。借りた意識をしっかりもって、計画的に利用しなければ返せなくなってしまいます。身内や親に借りることが出来るならかりて、返済が出来るようにするのも1つの方法だと思います。長く借りていると利息もそれだけつきますので、出来れば一括返済が良いかもしれません

 

返済が終わるまでは、今までの返済額や日にちがのった領収書は大切に保管しておきます。申込書も同じです。返済が終わったら、間違いがないか確認し消費者金融業者に申込書がありますので、それも返してもらうようにします。すぐ、破棄するのではなく、1年ぐらいは全て保管しておく事をお勧めします。後でトラブルにならないための方法だと思います

 

借り換え 比較

消費者金融の総量規制とは

消費者金融でお金を借りるとき、借りられる金額には限度があります。では、いくらまで借入できるのかということですが、それは総量規制にて規定されています。総量規制とは、「債務者の年収3分の1を超える貸付を行うことを禁止する」とした規制です。要するに、年収が300万円の人なら総額100万円までしか貸付してはいけないということです。

 

何故このような規制があるのかというと、多重債務者を生まない目的があります。多重債務者とは、何件もの借入をして、自分の返済能力を超えてしまった借金を抱えている人のことを言います。こうなると返済が困難になり、最終的には自分の力だけで返済できなくなってしまうでしょう。これでは債務者も消費者金融も大打撃です。

 

そこで総量規制にて、無理な借入をしないように制限を設けたのです。実際、2010年に総量規制が完全施行されて以降は、多重債務者の数も緩やかですが減少してきています。着実に効果はあがってきているということですね。ちなみに、総量規制は貸金業者に対する規制なので、金融機関からの借入れは対象外となっています。

 

そのため、住宅ローンやカーローンといった大口融資への影響はありません。あくまでもキャッシングの規制です。さて、総量規制が設けられたことで借入に制限が出来てしまったので、これからは今まで以上に計画的に借入を利用することを心がけましょう。それでも万が一、返済に困ったら契約中の消費者金融、もしくは弁護士に相談をしてください。

 

レイク

延滞金が発生するので消費者金融から借りたら返すようにする

サラリーマンの方々などが消費者金融を利用する際のニーズは、当然お金を借りることです。ところでお金を借りるのでしたら、もちろん返す必要があります。返済の義務というものが存在します。我々も誰かにお金を貸したのでしたら、当然返済をしてもらう事を期待するものですが。それと同様に、クレジット会社としても返済を期待するわけです。

 

では、果たして期日までに返済ができなかった場合はどうなるのでしょうか。結論から申し上げますと、いわゆる延滞金と呼ばれるものが発生してしまいます。延滞金というのは、利息が割増しになってくるというものです。普段の金利よりもちょっと高めな金額での返済の義務が発生するわけです。それには気をつける必要があります

 

ここでちょっと極端な例を申し上げます。あるクレジットカード会社において、例えば上限の金利が18パーセントと設定されているとします。ところがある方が、期日までに返済ができなかったとします。その場合、上限の18パーセントの金利ではなく30パーセントなどになるわけです。もっともそれは極端な例となりますが。

 

したがって、消費者金融を利用した際には返す事が重要です。金利が高くなってしまうからです。もっとも考えてみれば当然の事です。人からお金を借りたのですから、それを返すのは当然です。返済をしないと上記のように割増しの金額が発生してしまいます。当たり前の事ではありますが、借りたものは必ず返済をするべきという訳です。

 

レイク 返済


このページの先頭へ戻る